リビングダイニング

Recent Posts

お洒落な家具

リフォームの見積もりの比較

インターネット上には、リフォームの見積もりを一括でしてくれるようなサイトがあります。このようなサイトは何が良いのかということですが、一括してリフォームの見積もりをしてくれるので、一社ごとに見積もりを取らなくてもよいということで…

Readmore

キッチン

うちのリフォーム体験談

築25年の我が家。私と夫、中学生の息子の3人暮らしです。もともと中古で買ったので、覚悟はしていたリフォームのタイミング、特にお風呂のリフォームがしたい、そう考えて先月お風呂のリフォームをしました。今回は我が家のお風呂のリフォー…

Readmore

リフォームでより快適に

ダイニング

ずっと同じ家に住んでいると、どうしても古くなってきてしまいます。また、年をとることにより、昔は気にならなかった段差や障害に気づくことがあります。そんな時にリフォームが役に立ちます。リフォームといっても家全体を変える必要はなく、気になる部分だけを新しく作り替えることができます。例えばトイレやお風呂に手すりをつけるなどです。バリアフリーにする人も多いです。リフォームを頼む場合は、信用できる業者を探します。可能であれば、2つ以上のリフォーム業者に見積もりをもらうと良いです。費用の点で比較をすることができます。また、色々な人の意見を聞いて参考にすることもできます。
もし家を建てた時の業者が提携しているリフォーム業者があれば、そこに頼む方が安心できます。リフォーム業者を探す場合気を付けなければならないのは、見積もり費用だけを見て決めてしまうことです。見積もりは変わる可能性があります。それよりもリフォームの実績が多いところや、評判の良いところを選んだ方が良いです。せっかくリフォームしても工事がずさんだったり気に入らなければ勿体ないです。リフォームは古くなった家を新しくするので、新鮮な気持ちになります。とても魅力的ですが、決して安いものではないので、しっかりと考えてお願いするのが良いです。

リフォームでより良い暮らしを

昔は、リフォームとは古くなってきた屋根や水回りなど、家屋の故障した部分を修繕することが主な目的でした。しかし最近は、今の生活をより良くするための手段としてリフォームに踏み出す家庭が増えてきました。リフォームの最大の魅力は、コストが低く済むということです。家屋の基礎部分に手を加えるような大規模なものでない限り、新築よりも低いコストでリフォームを実現することができます。お金が足りなかったりして足踏みしている人も、しっかり計画して積み立てていけばリフォームすることが可能です。低いコストで済めば、その分ほかにお金を回すことができます。
さらに、家屋を取り壊すわけではないので、長年生活してきて愛着の深まった我が家の形を残しつつ、リフォームを行うことができます。家の補強を行えば古くなった我が家の寿命を延ばすことや、地震などの災害に強い家にすることだって可能です。あなたは今の家に直したいところはありませんか。こうだったらいいなといった希望はありますか。耐震補強がしたい、バリアフリーにしたい、収納が欲しい、キッチンを新しくしたいなど人それぞれ希望はあるでしょう。そういった希望をリフォームで実現してみませんか。

リフォーム業者の選び方

リフォームをするとき、あまりに業者が多いので選び方には苦労しますよね。リフォーム業者は、あれこれと毎回変えるのではなく、一つの業者と長くお付き合いしたほうが、家のことをよくわかってもらえるうえに、料金も割引にしてくれることがあるなどのメリットがあります。従い、リフォーム業者は慎重に選ぶ必要があります。リフォーム業者を選ぶポイントをまとめました。
1.近所の人の口コミで選ぶ住宅を購入している場合
近所に必ず何かしらリフォームをした家庭があるはずです。まずはそうしたご家庭に話を聞いてみましょう。経験者がおすすめする業者を選ぶのが一番確実です。ネットやチラシなどで、魅力的な宣伝文句を並べている業者はつい気になってしまいますが、広告をたくさん出しているということはその分費用をかけているので、お値段が割高になるか、もしくは同じ値段であれば質を一段下げたものを提供してくる可能性もあります。
2.合い見積もりは必ずとる
面倒でも複数のリフォーム業者に必ず合い見積もりをとりましょう。金額の差はかなり開いてくるはずです。その際、どんな前提でその金額をだしたかも必ず確認しましょう。
3.連絡のしやすさも重要
連絡のつきやすさや、コミュニケーションの取りやすさはとても重要です。電話がしょっちゅうつながらないなどということがあると細かなニーズを伝えたいリフォームにおいては非常に不利になります。